スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭鉱夫

s-1-正面


共和国の新鋭海戦ゾイド、ハンマーヘッドのジオラマです。
ハンマーヘッドは中型ゼンマイを搭載しており、車輪で走りながら、泳いでいるかのように体をくねらせるゾイドです。
サメの腹に車輪がついているのは玩具的都合なのですが、キットに付いているものは実機にもついているだろうと。

また、ハンマーヘッドには外付けウェポンの「バイキングランスユニット」が販売されていました。
鈍色の機体、車輪、回転ドリル…。これらの記号から妄想を膨らませていき、炭鉱の風景へとたどり着きました。

また余談ですが、お茶の水のアートまつりの類で見かけた、ノーチラス号の建造シーンのジオラマが一番のきっかけになっています。「これ、ゾイドでやったら格好いいじゃん!」となり、もう、うわーっと。

s-2-斜め俯瞰2

▲地底のどんづまり感を出すため、二方を壁として、空間を切り取っています。
鑑賞のアングルが限られる構成のため、ジオラマは三段構成とし、下段の線路+ハンマーヘッド、中段には駅舎の小物机、上段には炭鉱夫の人々を配置しています。
密度と情報量はあればあるだけ良い。

s-3-見上げ

▲いくら汚してもよかろう、と、元々の海水塩汚れ+炭鉱の埃汚れで真っ白に。
このアングルから見ると、上中下段が全部見えるのでお気に入り。

s-4-駅

▲ミサイルハッチを開状態へ改造し、石炭を詰め込んでいます。
一時は、明るい水色の鉱石にして、メタンハイドレード(無印アニメ版に出てきた)にしようかと思ったのですが、ジオラマの色がとっ散らかるので止めました。わかりづらいしね。

奥から人力で運んできた石炭を、駅でハンマーヘッドに積み込む一コマです。

s-6-小物

▲駅の机には台帳や仕入帳など。グラビア雑誌の表紙は、ハンマーヘッドといえば、な遊び心。

s-IMG_7861.jpg

▲ちょっと離れたところにいる人たちの表情や仕草にも、それぞれのドラマがあります。
線路は、キットの車輪に径を合わせるため、Zゲージのものを2本並べました。

s-IMG_7862.jpg
▲元々は海底基地か何かだったことを伺わせる大きな配管。
数字の黄色がジオラマ全体の差し色になっています。

s-IMG_8076.jpg
▲壁の豆灯にはLEDが仕込んであり、この通りぼんやりと光ります。
炭鉱の趣があって最高の一枚ですね。写真は、フォンタナ氏(@PityFontana)に撮っていただきました!
地域の民俗資料館にある資料ジオラマのような雰囲気をイメージしながら、発光させました。
スポンサーサイト

渡河

s-1Main.jpg

共和国の名脇役、バリゲーターのジオラマです。

bari2.jpg

▲メカ生体時代のバリゲーターのキットには、箱裏に改造バリエーションが書いてありました。
右側の「工作隊仕様」の説明によると、「上部に戦車橋を装備したもので、短時間に架橋することが出来る」。

ゾイド星に戦車があるかどうかはさておき、同機の資料はこの一文と、GBソフト「邪神復活ジェノブレイカー編」に描かれたドット絵(クラフトゲーターという名前だった)しかありません。
ならばと、活躍想像図を作ってみました。

s-2見上げ

▲水陸両用ゾイドのバリゲーターならではの、いぶし銀な活躍です。
その名の通り銃後の工作隊に配備され、共和国ゾイドの進軍を助けたことでしょう。

s-3草越し

▲草木の表現にはKATOのフィールドグラスや、ウォーハンマー用の下草などを織り交ぜて使用。
土は吉岡和哉先生イチ押しのウェザリングペーストです。

s-4橋上

▲表情豊かな歩兵たち。
バリゲーター自体は小型ゾイドですから、あまり大きな兵器やゾイドを橋渡しすることは難しかったでしょう。
こうして歩兵や24ゾイドに随行し、進軍を助けていたと思われます。

s-5川辺

▲架設を終えて一休み。川面はクリスタルレジンです。
窪んだ所に落ち葉を溜めるのが楽しかった。

s-6橋後ろ

▲進軍中の部隊と工作隊とで、歩兵の雰囲気を変えてあります。
バトストの写真(アルメーヘンの橋あたりに詳しい)を見ると、共和国の工作隊は黄色い軍服のようです。

s-7橋前

▲渡った先にはパワードスーツくん。戦闘用のほか、工作隊の自衛用にも配備されていたのではないでしょうか。

s-8メガトプロス
s-9サンドスピーダ

▲ジオラマの中央を飾るのは「KITTY-HAWK」様のガレージキット「メガトプロス」「サンドスピーダ」です。
その出来栄えはどうぞ写真でご覧ください。

ジオラマの主題はバリゲーターなのですが、とにかく地味でいぶし銀な当機。
変に目立たせてしまっては、かえって魅力を削ぐことにつながると思い、ジオラマの目立つところには、あえて別の機体を置くという割り切ったレイアウトにしました。
メガトプロスの青い大きなクリア―パーツが、抜群に目を引いてくれるので、土台としてのバリゲーターの魅力を何倍にも引き出してくれます。
配置のシナジーがとてもうまくいった一例で、気に入っています。

フレームアームズ・ガール

4.jpg
IMG_6133.jpg
IMG_6149.jpg
IMG_5833.jpg

コトブキヤ
えっちなプラモで
ビルが建つ

さて、我らがコトブキヤが送るえっちプラモシリーズことフレームアームズ・ガールですが、
箱から出して組み立てるだけでなんと可愛い美少女が出来上がることか。
パーツ数も少ないので、サクサク組み立てて表面処理して、塗装の練習がてら気楽に作ろうと思っていたのですが、
気付けば改造の手が止まりませんね。

といってもメカを格好良く盛ったり、全然違うシルエットのかっこいい何かにしたりといった改造のセンスが全くないことは
スティレットを1箱犠牲にしてわかったので、1キットに1か所、必ずえっちな改造をするという縛りを立てて作っています。
某所で「FA:Gはお前の性欲投影ロボじゃねーからな!」って怒られました。

ただまじめな話、KAWAIIと性欲とでプラモデルを作ると、「表面処理が雑なまま完成させるとこの子がかわいそうだな…」という気持ちになるので、自然と仕上げが丁寧になってプラモ作りがめきめきうまくなっていくんですよ。
おっぱいの形を作るのと膨らんだお腹を作るの超うまくなったもん。本当だよ!

ともあれシリーズはこれからも絶好調で続きそうなので楽しみです。


おまけ

s-IMG_6074.jpg

FA;Gは3mm軸なので、waveのH・ハンガーのアームがこんな風に使えます。
誤解を招かないように言っておきますと、別に女の子をかわいそうな目に遭わせるのが好きなわけではなくて、
苗床とか人間牧場とかどぎついエロシチュがあっけらかんと行われるのがいいんですよ 
わかってくれるかな わかってくれるね 

レイノス航空隊仕様

1メインビジュアル

「横浜モデラーズクラブ合同展示会」に出展する機会に合わせて作ったものです。
同展示会はヒコーキメインと聞き及び、何か飛行機の文脈ぽいものを一つくらい持っていかねばなあと思ったのですが、
実際のところ自己満足に過ぎなかったですね。だけど僕が楽しく作れたからいいのです。

2金網越し

ベースは造形村から出ている既製品を使っているのですが、ワンポイントとして金網を置いています。
金網越しに見上げる飛行機ってカッコいいでしょう? ゾイドの巨大感も出せるし一石二鳥です。
また、かねてより「ジオラマ中の小道具にメーカーとキットを書く」という演出をやってみたかったので、
今作で実践。思った以上に雰囲気が出たので、今後も多用していきたいですね。

3コクピット
コクピットは飛行機のジャンクパーツやハセガワの1/72マクロスシリーズから適当にパーツを盛ってきてそれっぽく。
ワクワクするようなメカのみっしり感が出せたかと思います。

4右から
左後ろ
s-背面アップ

各アングルから。
青空を背景に野外撮影などもしてみたいですね。

ゲルダー電子戦仕様

IMG_4754.png

海外のガレージキットディーラー「ib studio」さんの「ゲルダー改造キット」です。
トリケラトプスをステゴサウルスに改造してしまうというこのキット、精度や造形もさることながら、
元キットの電磁砲をそのまま装備できる気配りにしびれました。
背びれはなんとアクリル削りだしのクリア―パーツで、とんでもない精度です。
近年のワンダーフェスティバルでにはよくいらしているようなので要チェックです。
プロフィール

中井由 (ナカイ ユウ)

Author:中井由 (ナカイ ユウ)
眼鏡っ娘いいよね…。
Twitterはこちら。

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。